ぽろっと、


好きな人に会いに行くというテーマをガンガンやっています。

ふつうに生きていてもまあまあそんな感じにはなるんですが、
さらにあえて尚もです。

ポイントは〝相手の都合にかまわない〟ところです。

わたしが会いたいから一方的に会いに行く。
迷惑なら向こうが断ってくれば良い。
それくらい勝手にやらせてもらってます。

すると皆んなけっこうすんなり受け入れてくれるから、
ああなんだ、もっとはやく会いにくれば良かった
なんて思うのだけど、
なにより無事で現れてくれたことに
いちいち感動するのです。


10〜20代の頃は山にいることが多くて、
色んな情報がいつでも一足遅れて届きました。

そのひとつにあった友人の死。

中学の同級生で
体が大きくて
目がやさしく垂れていて
野球のことしか知らない
いいやつでした。

わたしは中学卒業後に福岡を出てほとんどの人と切れてしまったけど、
彼とはかろうじて通じていて、
思えば地元でさいごに酒を呑んだ友人です。

福岡に戻ることがなくなってだんだん疎遠になり、
知った時にはもう色々が終わって、
過去の出来事になりはじめている頃でした。

ぐっと悲しむタイミングが
なんとなく掴めないままの8年。
小出しでやってくる寂しさにまだ慣れません。

この時代、画像やなんや、あるとこにはあるもんだから、
黄色い字のユニフォーム着たあいつがネット上にまだいます。

で、何故ここにいないのか悔しくて悔しくて、
まだ生きていたころ、
遠くて会えないような気がしてたけど、
そうじゃなかったと気づきました。

またそのうちにと思って、ぼんやりしていただけです。
呑気にぼんやりしていたら間に合わなくなりました。

たった3時間。
ぜんぜん遠くなかった。
今なら3日かかっても会いに行くのに。

きっとすごく好きだった、といまさら思うわけです。
ただ会って話がしたいと今日も思っています。

そういう相手って、
誰しも一人か二人いるのかもしれません。

会いたい人に会いに行けることはとても幸運なことです。
遠慮してる場合じゃないです。


今年はきっと福岡へ行こう。

 

コメントを残す