5分の電話

先週長野で買い付けしているときに
お客さまから電話があって、

特にどうもしてないんですけど声が聞きたくなって、
と。

埃っぽい骨董品の倉庫の中で、
暑いねとか
忙しいねとか
言わなくても分かるような話を
5分くらいしてました。

こんなふうな連絡がもし毎日だったら
正直どう思うかわからないけど、
このときはありがたくて
すごくすごく、助かりました。

もうずっと体中が痛かったのが
ふーっとぬけた。

お菜の立ち上げは予期せぬもので、
しかも8画の拡張と丸かぶりで、
もう完全にオーバーフローです。

追いつかないくせに余計なことだけは考えすぎるから、
危うく肝心なとこを見落としそうでした。

このまま進むとブレそうっていう嫌な予感を連れた私を、
その電話がたやすく正常な位置に戻してくれました。


あなたがいて嬉しいっていう気持ちのやり取りは
どんなときも絶大で、
8画も私も、
これまでどおり一切加工なしで挑める気がします

ナイスなタイミングでのお電話、
本当にありがとうございました。

コメントを残す